飲み薬と外用薬の違い

飲み薬は身体全体に作用して外用薬は頭皮に直接作用する!

薄毛治療に使われる薬は、飲み薬と外用薬の2種類があります。飲み薬は、身体全体に作用して発毛を誘う効果があり、他方、外用薬の場合は発毛に有効な成分を直接に頭皮に浸透させます発毛を促します。どちらのタイプも効果が高いものは、副作用がある場合もあるので、できる限り医師などの専門家に相談した方が好ましいと言えます。飲み薬は、例えば、毛が生えない原因である男性ホルモン(DHT)を作る酵素の働きを抑える効果がありますが、これは、身体全体に作用してしまい、勃起不全などの性機能不全に繋がったりします。外用薬は、例えば、毛を作る毛母細胞を増やす効果がありますが、頭皮に直接に浸透させるので、頭皮にふけやかゆみなどが出る場合があります。

飲み薬と外用薬を使用する際の注意点!

飲み薬と外用薬は、発毛させるメカニズムが異なり、各々の有効成分が発毛を阻害している原因に働きかけてくれます。飲み薬は身体全体に作用して男性ホルモンに影響を与えてしまいますが、その場合の副作用は目に見えないので、特に注意が必要かもしれません。また、現在外国の薄毛治療用を個人輸入と言う形で購入することができますが、できるだけ避けた方が良いと言えます。外国の薬は必ずしも日本人に合うとは限らないので、場合によっては薄毛がさらに悪化することも考えられます。日本で医師に処方されて薬局から薬を貰えばその薬はほぼ本物で間違いないですが、個人輸入の場合は偽物を本物と偽って販売されることもありえます。本当に薄毛で悩んでいる人は医師に処方してもらった方が後悔する確率が少なくなります。